<< 群青 第4巻 / ビックガンガンコミックス 装丁 | main |
ファミコン最新作? ミスタースプラッシュ!をゲット
ミスタースプラッシュ!

ファミコン13年ぶりの最新作?
ミスタースプラッシュの制作ドキュメントDVD公式イベントに行った時の事。

ミスタースプラッシュ!についてはYOUTUBEなどで。

群馬県高崎市のグラフィックデザイン会社 コクシネル&カンパニー (Coccinelle & Co.)

ゲーム・ジェネレーションX ~8ビットの魂~

新作ファミコンソフトを自分たちの手で作ってみようという
プロジェクトから生まれ、国内外で大きな反響を呼んだゲーム
「ミスタースプラッシュ!」をみんなでやってみよう!公式大会も開催!
開発者らによるソフト作りの実演や、次回作の公開企画会議などもあり!
ファミコン好きのみんな集まれ〜!!

【出演】 ポリゴン犬飼(開発者) / 小林三旅(プロデューサー) / ピョコタン(マンガ家) 他

群馬県高崎市のグラフィックデザイン会社 コクシネル&カンパニー (Coccinelle & Co.)


大会勝者にはピョコタン特製バージョンのROMを贈呈!というのですが、
最初から優勝など出来る訳がないので最初から狙っておらず、
友達のピョコタンの勇士を見届けてこようと遊びに行くことに。

それでもピョコタンから、練習して景品ゲットしにきて〜!とメールがあったので、
一応DVDに付いてきたPC用ソフトを初めて起動。

2時間ほど練習したらとても面白く、ハマってしまった。
そのうちもしかして、コレ勝てるんじゃないのかな?と思いだして、
興奮が止まらず、変な汗をかいた。

阿佐ヶ谷LOFTに出向いてみたらDVDで見ていた制作者が勢揃い!
大会ルールもきちんとしていて、気分を煽られるし、
子供の頃にTVで見たようなファミコン大会のようで、
タイムスリップしたかのような感覚になった。

制限時間90分の内でフリー対戦をし、先に3連勝した人が決勝8人に選ばれる仕組み。
僕は2連勝を2回したのだが結局最後で負けてしまった。
異様な興奮状態で、体力も気力も使い果たし、
最後のチャンスが回ってきても、全然ゲームに集中することが出来なかった。

敗者の中から選ばれた人たちでフリースロー大会をしたのだが、
誰も6点シュートを決めれられず、
商品のロムカセットは最後のじゃんけん大会に繰り越された。

決勝に制作者が残ってしまい、代わりに挑戦者を選ぶ事に。
そして敗者復活のジャンケンをしたら運良く勝ち残ってしまった。

決勝の舞台上は実況中継の中プレイ。
恥ずかしいし、気力も体力もないし、あっさり負けてしまった。
トーナメントの優勝者はLOFTの関係者でした。



最後の景品をかけたジャンケン大会では見事勝ち残り、
なんと欲しかったカセットを手に入れることができた。

制作者のサイン入りのミスタースプラッシュ!
今までほとんどジャンケンで買ったことがなかったのに運が良かった。

DVDさえ買えば特典のロムを使って自分でも作ることができるのだけど、
プロジェクトFの人が作ったロムが本物と言うことにしていたので、
手に入れることができて嬉かった。
 
| 日記[diary] |
コメント
コメントする